ブログ引っ越し中です。5月10日以前の過去記事も読めるようにはなりました。が、ブログ内リンクがJugemの旧ブログに飛んでしまうのでご注意ください。

2017年03月11日

ウソツキ!


「ウソツキ」

以前、あるCMで
会議の席で「バシッと言う!」と約束した同僚(男子社員)が
結局何も言えずお茶を濁した後で、竹内結子がボソッと言ったセリフである。

なんのCMだったかな?


今、“ウソツキ”と言えば、世間を賑わしてる森友学園の(今日時点で元)理事長籠池氏!

「籠池氏を国会に参考人招致なんかしたら何言い出すかわからない」と反対する与党。

全く無茶苦茶な理屈だけど、そう言う気持ちも分からなくもない( ̄O ̄;)

と言うのも、世の中には信じられないくらい平気で嘘をつく輩が結構いて、籠池氏もその輩。
ないことないこと喋られてはたまったもんじゃない!ってのもわかる。
そのデタラメをデタラメだと証明するのは、本来しなくていい無駄な労力だからね。

別に自民公明を擁護するわけではないけど、火のない所に煙が立つことがあるのを経験的に知ってるからね。


で、今日のお題は、
「平気で嘘をつく人々」(こんなタイトルの本があったね( ̄O ̄;)

ボクは、どうも嘘というものが苦手、っていうか嫌悪感が人よりちょっと強いみたいで、お世辞や謙遜はするのもされるのも嫌い。(多少はするけどね)

ある程度、そういうのを織り交ぜながら世の中を渡っていくのが“大人”ってもんで、いつまでもお子ちゃまだから“組織”から飛び出しちゃうんだ、おまえは!って言われるのはわかるんだけど...

一方、口を開けばウソ!って人が世の中にはいて、どうもボクはそういう人間と遭遇する率が高いみたいで...
よく、周りの人たちが
「あんなウソツキ初めて会った。」なんて話で盛り上がってても、
Q「ボクの知ってる中では6番目くらいだな」なんて言うと、周りがビックリ!なんてよくあることで...

実害出て、警察に行ったことも2度ほど...
(実はこの二人よりもさらにすごいのが二人ほどいるんだけど...)



で、「平気で嘘をつく人々」を考察。

嘘をつくことを生業としている詐欺師とかはここでは触れないでおきましょう。
あくまでも一般の人でと言うくくりで。


大きく分けて2種類います。


1.嘘をつくことに全く罪悪感を感じない人々。

彼らの言い分は「時には嘘も必要」
まぁ、確かにそうかもしれないんだけど、時には→頻繁に、になってるし、
必要ないでしょ?その嘘!って感じが多い。
(本人的には必要だと思ってるかもしれないけど、相手からすれば迷惑)

あんたの座右の銘は「嘘も方便」でしょ?って言いたくなる。

この手のタイプは、数人の会社(組織)の社長(長)に多い。
結構稼いでるのもいる。
当然、本人は気がついてないのか気にしてないのか友達はいない。

こう言う人から物を買う(サービスを受ける)と、その時はいい買い物をした気分になれる
けど、暫く経つと...「あの大ウソツキがっ!」ってなる。

一度本性知っちゃうと、「よくもまぁそんな綺麗事が言えるな!腹の中真っ黒なのに」って感じで(~_~;)

嘘はいけないって意識が徹底的に欠如してるんですね、あーゆー人達。


森友学園で実際いない教職員の名前勝手に使ったってのあったけど、ボクの同業でも東京営業所とか言って別の同業者の住所無断で使ってたのいたな。

そいつ、時々TV出てもっともらしいこと言ってるけど(;´д`)

こういう人たちって、周りの人を信じないね。いつも疑心暗鬼。
自分が嘘ついてるから、周りの人も嘘だらけって思っちゃうんだろうなぁ。
ウソツキはあんただけですから〜〜〜〜!残念〜〜〜〜!orz


それと、もう一つ特徴的なのが、事態をなんでも自分の都合のいいように解釈するって癖があるね。
都合の悪いことは忘れちゃったり。

プラス思考っていえば、プラス思考なんだけど...

なんか、羨ましいような、ないような(・・;)



さて、もう一方は
2.メンタルリアリティー という病気?(精神疾患)

この言葉、つい最近知ったんだけど...
脳科学者の中野信子さんが言ってたんだけど、頭の中で思っている嘘を現実のことと思ってしまう病気らしいです。
この話を聞いた時、「あ〜〜、これだぁ!」と頭の中のモヤモヤがスッキリしましたよ。

コレはホンットにタチが悪い。

さっき、嘘をつくことに罪悪感を感じない人々は、事態を自分に都合のいいように解釈するって書いたけど、メンタルリアリティーな人々はさらに酷い。
なんたって、頭の中での妄想は、思う存分好きなように作れちゃうからね。そしてそれが本人にとっては現実になってんだから怖いよ。

嘘もつき続ければ本当になる、なんて言うけど、言い続ける前に本当になっちゃってんだから、大変です。


例えば、一度見積もり依頼受けたらもう受注したと思っちゃって、「受注したから」と言って金借りまくる(正式な硬いところは貸さないよ)。
一度、提携してくださいと会ってお願いして、握手なんかしちゃったら提携成立と公表しちゃう。

本人は嘘だと思ってないから、言い換えれば本人的には嘘はついてないんで、普通の人はころっと信じちゃう。

ものすごい崇高な思想を熱く語っちゃうことも多い。
こうなると、なかなか見抜けない。

どう考えても、嘘ついてるように見えない!ってね。
そうだよ、本人からすれば嘘ついてないんだから!

ところが、所詮、嘘!
だいたい3ヶ月くらい付き合ってると(付き合ってる密度にもよるが)、辻褄の合わないことに気がつく人間がチラホラ。

周りの人たちも○○さんに限って!なんて言ってるけど、注意深く聞いてるとチグハグだらけ。
そして
「えっ、アレもうそか!?ソレも嘘!!??(゚o゚;;」状態。

でも、本人、嘘ついてる意識がないから、疑ってる人になんとかわかってもらおうと、さらに熱弁。
さらに矛盾だらけ。

まぁ、実害なければいいんだけど、金貸しちゃったりしてるともう悲惨。
まず返ってこない。泣くしかない!
アーメン、なんまいだぶ。


籠原氏はどっちかな?
もちろん全てのウソツキが、完全にどちらかに分類できるって話じゃなくて、融合型もけっっこういるけどね。


ただ、どちらにも共通してることは、「え〜〜ソレほんと〜〜??」的な疑いかけられたり、矛盾突かれると、異常なまでにムキになって、自分が正しいことを証明しようとする。

絶対、嘘は認めない。
話が噛み合わないと、自分は絶対正しい!間違ってるのはあんたらだ!って主張に終始するね。

まさに今日の籠原氏の演説?がそれです。


だけど、口頭で疑いの言葉を投げかけても「そんなことしてないですよ、知りませんよ」といくら平然としてても、動かしがたい証拠突きつけて言い逃れできないって状況になると、みるみる顔色変わってって、別人か?ってくらいしおれていくのもいて、コレは面白いよ。笑えないけど...


サラリーマンの頃はそうでもなかったんですが、脱サラして(極小会社に勤めてる時も含め)魑魅魍魎の世界?に足を踏み入れてからというもの、こういう輩を多く見てきたので、それで嘘に嫌悪感を抱くようになっちゃったのかな?


まぁ、こういう輩を見れたのも、いい人生勉強かもしれないけど...(^_^;)



ボクと付き合い長いリアル友達なら、後者のウソツキについては一度くらい聞いたかもしれないね、ボクから。

確かに人生勉強にはなったかもしれないけど、できれば関わりたくなかった輩達ですな。
んじゃ (^_-)☆ /~~~


​ ▽ポチッとしていただければ嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
posted by ShimaQ at 00:14 | Comment(2) | 世の中

2017年01月31日

佐川急便♪

 
以前書いた通り、戴いた(借りてる?)ロードバイクの整備をしています。

足りないモノ、換えたいモノをちょこちょこ物色しています。
で、Amazonやらヤフオクやらで入手してるんですが.....
Amazonで購入したモノは、あっ!っちゅう間にヤマトさんが届けてくれます。
ヤフオクで購入したモノは.....

実は、日曜日はクロスバイクで江ノ島に行きましたが、ホントは違うトコに行く予定でした(あっ、横浜でなくてね(^^ゞ)

日曜日にヤフオクでゲットしたモノが届けば、それを付けて日曜日にロードバイクで山の方に試走に行くつもりでした。
ヤフオクでゲットして入金したのが、26日(水曜日)。
27日(木曜日)の夕方には、発送済みの連絡が来ました。
神戸からとはいえ、29日(土)には着くな、しめしめ。

んが、届かず。
で、しゃぁないから、ロードバイクのロング試走は諦めて、クロスバイクを出した次第です。

で、帰ってみても、不在通知が入ってない....orz

どゆこと?


普段は、宅配便は、そんなに急がなくてもいいよ、1日くらい配達が延びても...
というスタンスなんですが....

ちょと遅すぎるぞ!ってんで、追跡記録を見ると....
sagawa.jpg28日(土)には、最寄り営業所から配達に出てんじゃん!!
土曜は、ほぼ家にいたし、ちょっと出かけたけど不在伝票はなかった。
この日、月曜もほぼ家にいたけど....
19時まで待ちましたが、今日も持ち帰られたらたまらん!!(`_´)と、営業所に電話してみました。

お問い合わせ番号で調べてみた所、配達には持って出ているとのこと。
前にも、何日か持ち出しては持ち帰りってあったけど、そういうことはおたくでは良くあるの?
的なことを聞くと、荷物の状況によりけりです。と。

よくあるんだ〜〜(O.O;)(o。o;)

ちなみに、佐川急便では普通のことのようで、ここまで「すいません」の言葉もありません。

以前、時間指定してるのに届かないから営業所に電話したら「積み残してます」という返事で、仕方ないのでその営業所まで取りに行った時も、電話も営業所の応対も、一言も謝らなかったな。
まぁ、こっちがあまり強く文句言わなかったからか?

で、昨日は、「29日に使いたかったのに!」と、文句を言うと、やっとこ「申し訳ございません」

こういう体質なんだろうね、この会社。


佐川急便のお粗末さは以前にも書いた通り、配達員の人件費(人数、給料)、教育費を大幅節減して、とにかく儲けて事業拡大!てのがこの会社の目指す所なんだと思う。
大々的なTVCMを見てると、余計腹が立つ。
基本的な小さなことが出来ない会社が、企業の信頼できるパートナーになんかなりえない!と思うんだよなぁ。

まぁ、ネットや自分の周りでも、佐川酷い!ってのが8割。いやこっちは佐川の方がいいよってのが2割くらいかな?

以前、TV東京で佐川急便の特集してた時も、配送所での荷物の扱いはかなり雑で、ツイッターでもみんな呆れてたな。

そんな評判の良くない配送会社を使ってる通販会社ってのも、ボクの中ではワンランク落ちる。

これからヤフオクで、急ぎの商品や精密機械など入札する場合は、佐川急便使ってる所には、差額払うんでヤマトに変えられますか?って聞こうかなと思う、マジで....

どんな安くても、客に迷惑が掛かる配送会社使ってる、ってのは、通販業者としても評価の対象になると思う今日この頃です。

んじゃ (^_-)☆ /~~~
 


​ ▽ポチッとしていただければ嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
posted by ShimaQ at 15:38 | Comment(8) | 世の中

2016年12月09日

言葉の力


「保育園落ちた 日本死ね」

ちょっと前の話になりますが、今年の流行語大賞 ベストテンに入ったそうです。
そのことについて、つるの剛士のツイートが物議を醸してるとか...

彼のツイートは
『保育園落ちた日本死ね』が流行語。。しかもこんな汚い言葉に国会議員が満面の笑みで登壇、授与って。なんだか日本人としても親としても僕はとても悲しい気持ちになりました。きっともっと選ばれるべき言葉や、神ってる流行あったよね。。皆さんは如何ですか?
ネット上ではかなり批判されてます。

あっ、遅くなりましたが、今日はちょっと真面目な話です(^_^;)。

ボクは彼と同意見です。
彼の背景とかは置いといて、上記のツイートだけに絞って言えばですが。
(これから書くことには反対意見の方が多いんだろうなぁ)


確かに「保育園〜」のブログの内容は、正しいでしょう。
そこに書かれた問題は無視されるべきものではないでしょう、本来は。

でもね、ボクの持論なんだけど、『どんな正論も、汚い言葉で吐いたらアウトなんです。
(親しい仲ならどうでもいいですが、顔が見えない相手には。お初の絡みならなおさら)

元々同じこと思ってる人間は大喜びしますよ「そうだそうだ!」って。
冷めた目で見れば、単なるストレス発散。
逆の考えの人には反感買うだけです。論破なんて絶対無理!
中立の人の理解もまず得られません。
ボクの経験では、今のところ例外はありません。
(ボク自身を見ても)

「日本死ね」を書いた人はいいですよ。個人のブログだし、誰かに理解を求めるために書いたわけでもないでしょうし、何書いても、どんな言葉で書いてもいいですよ。

ボクだって、無茶苦茶書いてるし。

ただ、その汚い文章を国会に持ち出しても議論にはなりませんよ。

そして、当時の民主党山尾志桜里氏がコレを持ち出した時のヤジ
「そんなの出すなよ」「誰が書いたんだよ」

これも後で、自民党平沢勝栄氏が某番組で言ってました
平沢勝栄議員、番組でヤジ謝罪。
ただし、ちょっといきさつを説明させていただきますと、このブログを山尾議員は、委員会の資料を、テレビに映すパネルに使いたいということを言ったんです。

――理事会で?

理事会で。理事会で協議して、OKを出さない限り使えないですと、結論はノーだったんです。なぜかと言うと、一つは、出所が明らかではないということ。出所が明らかでないのは使わないというのは委員会でのいままでのルールです。なぜかというと、出所不明のものが使われると誹謗中傷とかいろんなものに使われてしまう。

それからもう一つ、文章ですね。特にこの「日本死ね」というのは、例えば、子供の自殺だとかいじめかなんかに使われる言葉で、あまりにも言葉の教育にも影響があるんじゃないかと。理事会では、民主党を除くほかの党、共産党さんも含めて、これを資料に使うのはダメなんじゃないかという結論が出たんです。
出典:huffingtonpost 2016年03月10日


これも尤もな意見だと思います。でも、汚いヤジで言ったから理解は得がたい。

汚い言葉って、それだけで本来言いたいことの真意を失わせちゃう


汚い言葉の訴えってのは、単なるストレス発散にしかならない。

(ボクのブログで時折見せる汚い言葉は、はっきりストレス発散目的です)

このブログでかつて炎上した時も、汚いコメントには共感する人は少ないんじゃないかな?

最近はないですが、友人知人が、ネット上とかの議論で感情的に「このバカが・・」とか「〜じゃねえよ」とか言って悪態ついてると、残念だな、と思っちゃいます。
(対決姿勢でない場合は、汚い言葉も気になりませんが)



まぁ、そんなこと言ってるボクですが、昔は言葉に無頓着でした
理系人間のボクは、国語は苦手。
感想文、論文の類は「何が言いたいのかわからない」と書かれて返ってくることが多かったです。
仕事でも、技術屋なので文章より図で説明する方が多くて、そちらの方が喜ばれます。

そんなボクが転職した先は、デスクワークが多く、出張報告など書いても、
「報告になってない」「文章が幼稚だ」などと毎回言われ、書き直し。
ほとんど人格否定ぢゃないか!?と思われるくらい貶されました。
「この上司、いつかコロス」って内心思ってましたよ(^^;;

文章ド下手なボクも、貶されながら鍛えられ、成り行き上、技術論文や専門誌への技術投稿とかもやらされ、なんとなく(致し方なく?)文章力が付いてきました。

その後、紆余曲折し今の仕事を始めた時、ホームページを作る段になって、あの時の苦労が活きました。
(直前の仕事場での、鬱病になる程辛かった営業も、活きてます
どんな経験も、プラスにできない経験はない、と思うようになったのはそんな訳です)


そして、このブログも...
上手い下手は別として、書くのはそう苦ではありません。


このブログ、当初お手本にしてたのは、フリーアナウンサーの富永美樹さんのブログ
尤も、今はだいぶ、よく出てくるテーマやスタイル変わっちゃったけどね。


今は、こういうブログにしたい、っての全く考えずに書いてます。

ただ、前から気になってるブログが、タレント/女優の酒井若菜さんのブログ
彼女自身歴史小説が好きで、自身もエッセイや小説出してるだけあって、綺麗な文章です。
最新の記事「」なんか読んでても、ちょいと失敗でいいことずくめ、ってなんかほっこりしつつ前向きになれます。

こんな文章、ボクには到底無理だけど、人を幸せにできる文章っていいなぁ。
毎回の結びの言葉では「ごきげんよう」もいいよね。
ボクの「んじゃ (^_-)☆ /~~~」とはえらい違い(^^;;
(△これは、ブログ始めた頃、メールの最後に付けてたのをそのまま使用)

ちなみに、今まで一番感動したブログは、猫飼い始める前に読んだ、2012年一番感動したブログ:ジャーナリストの江川昭子さんの愛猫タレが亡くなった時のブログ
なんの飾り気もない淡々とした文章だけど、文章力のある人が書いた文はいいね。

ボクもそうだけど、言葉に救われたり、勇気をもらったりすることがあります。
逆に、重いものを背負って苦悩している人に、言葉でそれを軽くしてあげられたらいいなぁと思うことがたまにあります。

言葉って大事

それと、よく熟年離婚する人が、「何も言わなくてもわかってると思った」「どうせ言ってもわかってくれないと思った」とか聞くけど、やっぱり口に出して言わないとわからないことって多いし、言い方で伝わらないってこともあるよね。

言葉ってとっても大事

若い頃、言葉を大切にして来なかったボクが、今更って気もするけど...



ただ、言葉が力を持つには、受け取る側の能力も関係してくるようです。

友人に、見ててとても放っておけない!ってヤツがいます。
実際、いろんな相談受けます。
そいつのためにと、一生懸命アドバイスするんですが、人の話に全く耳を貸さない。
(なら、最初から相談すんなよ!って思うんですが)
で、しばらく経つと「ShimaQのいう通りになったよ」って言ってくる。
でもやっぱり人の話は聞かず、同じ失敗の繰り返し。orz

一方、こんな友人もいます。
ツイ友仲間で飲んだ時のこと。
2人だけ早く着いたので、先に飲み始めました。
(みんなが揃うまで待とう、なんて考えるヤツァ、ボクの仲間にはいません)
そのツイ友さんは、世界的な大企業を早期退職し、次に向かっての準備中の方でした。
ボクは、今まで出会ったとんでもない人間のことをずっと話してました。
まさに、管を巻くって感じで...( ̄O ̄;)

で、次に会った時、この前貴重な話を聞かせてもらって、とお礼を言われたんですが、お礼を言われるようなことは話してないので、ただの社交辞令と思ってたんですが、その後も、「迷いや不安があったんですが、ShimaQさんの話を聞いて、一歩進むことができました」みたいなことを...
なんも、アドバイス的なことは言ってないはずぢゃが。

その頃、こんな記事を読みました。
尊敬する野村克也氏のインタビューです。
楽天イーグルス躍進! 野村克也が語る「一流プロの化かし合い」
====前略====
・・・気づくことのできる人は、夢や希望、向上心、自分はこうなりたいという思いを根っこに持っている人です
==攻略==
2013年11月22日 プレジデントオンライン
ボクが管を巻いたツイ友さんとダブりました。
気づける人って、アドバイスでもなんでもない言葉の中にも、自分のプラスになる言葉を見つけられるんだなって。(でも、あの時のくだらない話の何が良かったのか、いまだに謎ですが)
逆に、受け入れ準備のない人には、どんなアドバイスも届かない。

言霊って言葉があるけど、言葉に霊が宿るのは、その言葉の使い方や、受け止め方によるんだな、と


いつもの様に、支離滅裂文章になりましたが、冬至も近づきつつある長い夜に、「保育園落ちた日本死ね」の流行語大賞から始まって、言葉の力について、いろいろ考えてみました。




大半は、前から感じてたことまとめただけだけどね
んじゃ (^_-)☆ /~~~



​ ▽ポチッとしていただければ嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
posted by ShimaQ at 23:50 | Comment(4) | 世の中

2016年07月08日

若者よ、選挙に行こう!!


ど、どどど、どうしちゃったの?
リアルShimaQを知る人は、腰抜かした?
机の上のコーヒーひっくり返しちゃったくらいはしそうだ


若者よ、て....こんなブログ読んでない

投票済票
今日、参院選の期日前投票に行って来ました。

⇦投票済票は、くださいと言えばくれます。
別に必要でもないけど^^;


以下は、半分は(いや、ほとんどは)自他共に“ノンポリ”だった、若かりし頃の自分宛です。



投票率、低いです。
特に若い層に....。

今の若い世代、暮らしやすいですか?
豊かですか?

非正規で、苦しい思い、苦々しい思いしてませんか?
正規社員の方達も、理不尽な扱いで社畜と化していませんか?

政治家たちは、票の集まる老人の方ばかり見ています。
老人のための政治をします。
若者達のために頑張っても、票が集まらないからね。
政治家は、当選してなんぼですからね。


いいの?若者達!これで?
我々、老人の好き勝手にさせて....。

自分には関係ないから?
....ないわけないじゃん!!

自分一人の票なんて?
....みんながそう思った結果が、今のコレだよ。


選挙にも行かなかったら、何も変わらない。(もっと悪くなるかも)
なんだかんだ文句言っても、そりゃ自分のせいだ。


で、最低限の政治の勉強はしておこう。

そして、少しでも自分たちの生活に有利になることを言ってる、やってくれると思う候補に1票を入れよう。

この人は、当選したら、自分たちのために何をしてくれるのか?
それを考えよう。
まずは、それでいい。

(もっと勉強していけば、それ以外にも考えなきゃいけないことがわかってくるだろうけど、まずはそれでいい)

間違っても、
今、流れに乗ってるから、話題に上がってるから、
いい人そうだから、(政治以外に)応援してるから、
とかでは決めないでほしい。


特に、前東京都知事があんなことで世間を騒がしてるんで、クリーン・イメージ合戦みたいになっちゃうんじゃないかと心配ですね。

まずは、自分たちのために何をしたいのか、何ができるのか?どう守ってくれるのか?
それが第一です。



まぁ、候補者も、さらにマスコミも、政策の話より政局の話ばかりで、「何がしたいのか?何ができるのか?」が伝わってこないのも大問題だけど、そういうのに惑わされず、まっすぐな目で見てほしいな。


ちょいと、上から目線になってるところもあるかも知れないけど、
いやいや自分のためだけじゃなく、もっと考慮しなきゃいけないこともいっぱいある!ってこともあるけど、
もっとちゃんとそういうことを考えてこなかった反省もあるので、あしからず(^_^;)


おい!若かりし頃のShimaQ!聞いてるか?


ん?寝てやがるorz
んじゃ ┐(´-`)┌~~~




​ ▽ポチッとしていただければ嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
posted by ShimaQ at 23:46 | Comment(4) | 世の中

2016年06月13日

舛添要一氏事件

 
久々にでも吐きましょうかね。
 
最近は、あまりこの手のことを書いてない健全な?ブログでありましたが、
本来のこのブログの目的「ShimaQのストレス発散」に基づきまして、好き放題書いちゃいましょう。


ボクが政治家に求めるもの!

都民(国民、市民)のためになる仕事をすること。

この1点に尽きます。
これは、支持者、投票した人だけにとどまらず、そこに住む人の出来れば全ての人(まぁそりゃ無理でしょうから、「より多くの人」としておきましょう)に対して負ってるものだと思ってます。

もちろん、生半可な気持ちでは出来ないことです。
自ら立候補して、有権者に、
「都知事をやらせてください」って訴えてんだから、こちらも、そのくらい要求してもいいよね。

ちょっと前に、育児休暇を要求した議員さんがいましたね。
まぁ結末はとんでもないことになっちゃったけど(__;)

あの時は、休暇の理由が育児だったから話題になったけど、育児だろうがなんだろうが、任期中は休むな!と言いたい。
勿論365日働き続けろ!とは言わないけど、本来の休日以外、個人的な理由で(病気や妊娠は別)、そう軽々と休みたいって、本気でやる気あるのかな?って思う。

中小企業の社長さんや俳優さん、伝統芸能の方々の方が、断然、立派。見習って欲しい。


さてここからは(既にココまでも)、反対意見は多数あると思いますが、ずんずん書いていきます。
(反対意見はコメントして貰ってもいいけど.....)

ボクの政治家に対する基本的な考え方は

精錬潔白で働かない政治家より、多少金や女に汚くても性格が悪くても、都民(国民)のためになる仕事をきっちりやる政治家を支持します。
(但し、他の党の議員の失敗などにはしつこい位追求するくせに、自分の時はお茶を濁すヤツは論外:あっ、これは政治家だけぢゃなく「人」としてね)

そう言った意味で、色々問題あって辞めざるをえなかった政治家さんがたくさんいましたが、中には、日本にとって大きなマイナスとなる辞任も結構あるように思います。
残念です。

精錬潔白でキチッと仕事する政治家が理想なんだろうけど、そんな政治家を望んだって、そりゃ無い物ねだりっちゅうモンです。
そんな人間待ってたら、1世紀位すぐ過ぎちゃいます。


前置きが長くなりましたが、そんな訳で、ボクは舛添要一都知事を、支持





          し ま せ ん



理由は
  1. 使ってる金が、ボクが払ってる税金。
    人の金ならまだ許せるが、苦しい家計の中から趣味を我慢して払ってる血税を自分の家計の足しにしたり趣味に使ってること(まぁ、感情論っちゃぁ感情論ですが)
  2. こんなヤツだけには都知事になって欲しくない!と他の候補に投票したのにぃ...って思い。
    前任の猪野瀬知事の時は猪野瀬候補自体がどうのこうのってことより、石原都政を継続ってトコがヤだったんですが、まぁ就任してからは、そこそこ働いてたから容認。だけど....(半分感情論?)
  3. ろくな仕事してない。
    コレが一番。
    「介護、子育て支援を含めた福祉の充実!」ってなことで当選したんだと思うけど、ナンカした?(ボクが勉強不足なのかなぁ?)
    都知事権限で遊び回ってるだけでネェの?
    韓国の大統領と握手しに行ったり、韓国学校増設宣言とかそんなんしか聞こえてこないけど....
    今になって、「粉骨砕身、都民のために仕事を...」なんて言われてもネェ


金曜の夕方には湯河原行って、のんびりして、給料だけはたくさんもらって、法外な退職金も貰うんでしょ?


(働くことが出来ない、相応の事情がある場合は別ですが)
働かざる者、食うべからずですよ!
しかも、わけわからん経費まで使ってるし....
普通の会社じゃあり得ないよね。
あんなん、1円も経費として認められませんよ。


今回の件は、給料泥棒を排斥するにはいい“事件”だとは思うけど.....


まぁ、見苦しい保身のための全く筋の通らないいい訳、実にせこい公金の使い方、それらを差し引いても、給料泥棒、寄生虫ですよね。

なんとも、腹立たしい.....




とはいえ、このところの報道の仕方が、マスゾエ真っ黒!ありきで、単なる吊し上げ的になってきてる所も若干あって、ちょっと...って気がしないでもないけど。

福島原発事故の時の東電いじめや、STAP細胞の小保方氏への取材のような、単なる国民感情の鬱憤晴らしにならないことを願いますね。




まぁ、舛添さんには、今までの都知事報酬から東京都の最低賃金を差し引いた分を返納していただいて、その後の都政のスケジュールに差し障りないタイミングで退場願いたいものです。

あと、オリンピックの時に都知事選ってなったら.....関係者には同情いたしまする。
んじゃ (^_-)☆ /~~~
 


​ ▽ポチッとしていただければ嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
posted by ShimaQ at 17:25 | Comment(9) | 世の中