ブログ引っ越し中です。'16年5月10日以前の過去記事も読めるようにはなりました。が、ブログ内リンクがJugemの旧ブログに飛んでしまうのでご注意ください。

2010年01月06日

え"っ!? まさか! このShimaQが!??

 
 
 
実は......
 
 
 
 
 
 
歴史(日本史)にはまりそうです。
 
 
 
 
超ド理系のボクは、小中学と、社会は苦手。
 
 
 
 
高校の日本史は、選択科目になっていたので、受けておらず。
 
 
大学受験の共通一次試験(今で言うセンター試験?)では

ド理系の常套手段、社会は「倫社政経」で.....






そんな訳で、ニッポンの歴史(世界のも同じく)には、全くふれてこなかった

ニッポン男児の風上にも置けない男ですた。



小学校の頃はオヤジの影響で、「大河ドラマ」くらいは見させられてました。

最近は、日曜日義兄の家に行くことが多いので、義兄と一緒に見ています「大河ドラマ」



しかし、中学以降、何十年も日本史に触れることのなかったボク。

せいぜい、宮本武蔵くらいかなぁ(笑)。




ところが、最近は、テレビで、「日本史の隠された真実」的な番組が多く、

“真実を知りたい”癖の影響か、結構見ていました。


で、徐々に日本史に興味が!


先日の忘年会でも、戦国時代の武将の話になり

「そういえば、2年前もこんな話題になったけど、
あの時はShimaQさんは、なんか、話しについて来れなかったけど
今日は、かなり、盛り上がってますね」
ってな、“お褒め”のお言葉を戴きました。

割と、周りにいる人が、“文系”の人が多く、そんなことも影響してるのかも。。。。。





そんなボクが、好きな武将は明智光秀

歴史上の人物で誰が好きか?調査で、常に上位にランキングされるのは
織田信長と坂本龍馬。

この二人は、ちょっと神格化されすぎてるよね。

坂本龍馬はともかく、織田信長みたいな上司は絶対、ヤ!だな。

信長の凄いところは“強運”だけだと思う(笑)




そんなボクが考える
一番男らしい戦国武将は、真田幸村!?

では、
一番頭が良かった戦国武将は? 明智光秀か? 石田三成か? 



ってことで、石田三成も、最近興味津々。

友人が勧める「大いなる企て / 堺屋 太一 」も是非一読したい。




で、その前に......



読むだけですっきりわかる歴史ビギナーのための

「読むだけですっきりわかる 日本史」

ちょい、勉強してみようと思います。




あのド理系人間のShimaQが、歴史に興味を持つとは、

誰が予想しただろうか?








ん? NHKで歴史秘話ヒストリア
「激突!真田幸村vs.伊達政宗〜めぐりあい大坂夏の陣〜」が始まった。

見なきゃ!!

んじゃ (^_-)☆ /~~~


​ ▽ポチッとしていただければ嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へにほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へにほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
この記事へのコメント
こんちは
ごぶさたしてたりします。m(_ _)m


井沢元彦氏の「逆説の日本史」はハマりますよ。
ちょ〜〜〜オススメです。

通説の日本史を知っていると、目から鱗が何枚も落ちます。

題名は「逆説」になってますけど、これは単なる逆説、異説本
ではありません。
日本や日本人の本質を鋭くえぐる良本だと思いますよ。

さ〜読め!スグ読め!今読め!!
Posted by はむー at 2010年01月07日 12:09
はっ、はむ〜さん

まさか、生きておられたとは・・・・(爆)


>井沢元彦氏の「逆説の日本史」はハマりますよ。

タイトルだけでもそそる。。。。。

>さ〜読め!スグ読め!今読め!!
さ〜読む!スグ読む!今読む!!(なんと、素直な(爆))
その前に、買って来なきゃ(あたりまえか?)
Posted by ShimaQ at 2010年01月07日 16:35
おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
Foxさんの専門分野については、なかなかコメントできないのですが、歴史なら結構自信あります。

実家の最寄り駅はJR「大津京」。
今日は近くの「近江神宮」でかるた大会がありました。
近江神宮は天智天皇ゆかりの神社です。
優勝者を「名人」「クィーン」と呼ぶのですが、何で男女で日本っぽかったり、英語ぽかったりするのでしょうねえ?

「明智光秀」の銅像が、ここ(埼玉)に来る前に住んでた家のそばの公園にありました。
その公園は琵琶湖岸にあり、ブラックバス、ブルーギルが1時間で20〜30匹も釣れました。

私の小学校のそばに「義仲寺」(ぎちゅうじ)があり、
「木曽殿と背中合わせの寒さかな」は有名です。

木曽義仲のお墓が大津市の義仲寺(大津西武のそばにあります。)にあり、松尾芭蕉は死んだら彼の傍らに葬ってほしいと遺言したそうです。
二人のお墓は今も背中合わせに並んでいます。

祖母の家の近くに安土城、もう一方の祖母の家は彦根市で彦根城があり、結構大河ドラマに出てくると嬉しいものです。
Posted by やっぱりrioでいきます。 at 2010年01月09日 21:04
rioさん
明けましておめでとうございます。

先日友人に会った時、歴史ビギナーの本を読んでる旨話したら
「とうとうShimaQも...」と驚いていました。

実を言うと、歴史ビギナーの本でさえも、○○の叔父が△△とか言う段になると、頭こんがらがって、脳みそ追いついていきません(笑)。

まっ、理解できないところは飛ばして、面白いところだけ楽しんでます。
で、rioさんと歴史談義できるようになれればいいなぁ(何時のコトやら....)

今年もヨロシク〜〜〜〜ッ
Posted by ShimaQ at 2010年01月09日 23:46
こんばんは。

私が歴史に必死になったのは(大学受験時)、学内の実力模試で200点中35点を取り、壊滅状態で(理系のちょっとできる人なら200点満点がぞろぞろいました。)、その上理科も悲惨で、社会でこつこつ暗記するしか方法が無かったのです。
頭が数式について行けず、ShimaQさんのように人生の半ばで嫌いな科目(私の場合は数学、物理、化学)に目覚めることも無く、トラウマは生涯続きそうです。

今でも時々、夢に出てきますね。
数学が全くできずに、試験に落ちる夢・・・
コンタクトを落として必死に探している夢・・・

理系方面にも脳が対応できたら、また違う楽しみもあったかなあ!
と時々思います。
Posted by rio at 2010年01月12日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175505504

この記事へのトラックバック