ブログ引っ越し中です。5月10日以前の過去記事も読めるようにはなりました。が、ブログ内リンクがJugemの旧ブログに飛んでしまうのでご注意ください。

2014年02月22日

フィギュアスケート考... 1



SPの、本人曰く「取り返しのつかないことをしてしまった」から1夜明けた、フリー。

あの、滑り終わったあとの感動ったら、これまで見たオリンピックのパフォーマンス(演技、滑り、走り、飛び、投げ、蹴り等々)の中では特級クラスでしたね。

直後のツイッターでのボクのツイートは
「うん、よかった!よかったよ!スピード感とキレのある素晴らしい美しい滑りでした。うん、よかった!」
「なんか、こみ上げてきた。もう順位なんかどーでもいーーー」

後は、みんなと一緒。

これ以上、ボクのつたない文章で、みなさんの感動を汚すのもなんなんで、この辺で終わりにしましょう。




さて、今回のフィギュアスケートで気になったことを....

フィギュアスケート団体戦ってやつ。


この何年か、わが国で「4大陸国別対抗戦」なんての、やってましたね。
やたら選手間の仲の良さを強調するアレ。
まぁ、イベントとしてはいいんでしょうけど、4年間オリンピックという晴れの舞台で、自分の力をすべて出し切ることを目指してきた選手にとってはどうなの?

まぁ、今回は、出るんだから応援しましょか?日本!
みたいな軽いノリで見てたんですが....

そんな折こんな記事を見つけました▽
日本フィギュア惨敗の真因は、スケート連盟とマスコミの商業主義

文中、度々出てくる「女子フィギュアの惨敗」って言葉にはイラっとくるけど、「自分の力を出し切れなかった」という言葉に置き換えれば、すんなり読める。

完全な個人競技であるフィギュアに団体戦はいらないよね。
しかも、出場に必要な体力的精神的負担はハンパぢゃない。

以前、フィギュアの演技って、5,000m全力滑走したくらい体力消耗するって聞いたことある。
団体戦に出ると出ないじゃ、その後の試合は大違い。

で、実際どうなの?って思って、今回のオリンピックの個人戦上位者について調べてみた。

まず、男子。

順位選 手団体戦
羽生日本SPFSでミス多し
チャンカナダSP王者もFSでミス
ハンカザフ未出
4フェルナンデススペイン未出
5町田日本FS
6高橋日本未出 
7ハン中国SP
8リーベルスドイツSP
棄権プルシェンコロシアSP・FS(;。;)


ついで、女子。
ソチオリンピック直前の世界ランクがありましたので加えてみました。


順位選 手団体戦世界ランク
ソトニコワロシア未出6
キム・ヨナ韓国未出-
コストナーイタリアSP1
4ゴールドアメリカ未出11
5リプニツカヤロシアSP・FS3
6浅田真央日本SP2
7ワグナーアメリカSP4
8鈴木明子日本SP5


如何でしょう?
団体戦がその後の個人戦に影響あるなし?ご判断は皆さんご自身で!



もうちょい、オリンピックは続く!
んじゃ (^_-)☆ /~~~


​ ▽ポチッとしていただければ嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
posted by ShimaQ at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ(観る方)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175461263

この記事へのトラックバック